「あなたは、社会問題解決の本物の近道を選択していますか?」社会起業家の会社-ボーダレス・ジャパン

「あなたは、社会問題解決の本物の近道を選択していますか?」社会起業家の会社-ボーダレス・ジャパン

社会起業家という人達を知っていますか?

彼らは貧困、環境、差別等の「社会問題」を、「ビジネス」で解決する人達です。

そして、そんな社会起業家が集うプラットフォームカンパニーとして、
社会問題を解決するために事業を次々と生み出し拡大しているのが、

株式会社ボーダレス・ジャパンです。

▼新卒採用情報▼
http://www.borderless-japan.com/recruit/fresh2015/

▼コーポレートサイト▼
http://www.borderless-japan.com/

ソーシャルビジネスだけしかやらない

ボーダレス・ジャパンが通常のビジネスではなく、
社会問題を解決する「ソーシャルビジネス」を生み出してきた
これまでの流れが分かりやすくまとまっている動画です。

偏見のない世界をつくる
多国籍コミュニティーハウス

名称未設定

不動産仲介事業を行っていたボーダレス・ジャパンは、「外国人」というだけで家を借りられない
たくさんの人々の姿を目の当たりにします。

そこで、外国人が差別を受けずに安心して生活できる住まいを提供し、更に日本人と一緒に生活する環境。
外国人にとっても日本人にとっても、お互を理解し合い、偏見なく楽しく暮らすことができるシェアハウス。

そんな多国籍コミュニティーハウス「ボーダレス・ハウス」の運営を始めました。

現在では、東京、ソウルに70ハウス700人以上が生活し、上海へも進出しようとしています。
事業開始から既に「約4,000人」もの入居者さんに影響を与えているそうです。

市場を新たに切り拓く
フェアトレードハーブティー

amoma

ボーダレス・ジャパンが2つめの事業として立ち上げたのが「AMOMA natural care」。

この事業は、フェアトレードで輸入したハーブを原料に、
薬をのむことができない妊婦さんのために開発したハーブティー商品等を販売しています。

助産師さんの協力を得て完成したこの商品は、瞬く間に、楽天市場マタニティ部門で第一位を獲得。
現在では、何万人ものママに愛用して頂いているそうで、韓国、中国にも進出。

「フェアトレード」というブランドではなく、その商品そのものの魅力で勝負する「AMOMA natural care」は、
社会貢献をしながらも、確実に利益をあげるというソーシャルビジネスの理想的なモデルです。

現在、ミャンマーで貧困農家さんと直接「買取保証」契約し、彼らの収入を増やすプロジェクトを進行中。

2,000農家、その家族合わせて10,000人。
現在消費するハーブの量だけでも、これだけの人々の生活が
大きく向上するという、「ソーシャルインパクト」を生み出せるそうです。

ボーダレス・ジャパンは、この2事業の立上げ後も次々とソーシャルビジネスを創り出し、現在では7事業を運営中。今年も、新規事業開発や海外展開を加速し、「一人でも多く」、「一秒でも早く」社会問題で苦しむ人々の生活を大きく変えようとしています。

社会問題を解決するための近道

社会起業に関心があっても、
まずは、しっかりとビジネススキルを身につけてからスタートしよう、という方は多いでしょう。

ボーダレス・ジャパン副代表の鈴木氏は社会起業を志す若者に対して、こう語ります。

「あなたがもし、貧困、環境、差別等の「社会問題を解決したい!」、
という志を持っているなら、最短距離でそこに到達できる方法を選んでいると
自信を持って言い切れますか?

「志、想いがあるなら、すぐにその実現に取り掛かる」。

社会を良くしたい!と志す者にとって、仕事をする上で一番大切なことです。

多くの学生が、社会問題の現場を見て、解決しなければ!と行動します。
でも、就職する時点になって、結局はその社会問題の解決に「直結」しない選択肢を選ぶ人がほとんどです。

その選択肢が、自分にとって「最短距離だ」と言い切れるのであれば問題ありません。
でも、自分が社会問題を解決する先頭に立って、その解決のために力を発揮しようという
「未来の社会起業家」にとって、その選択肢を選ぶのは大問題です。

大手企業、商社、コンサルファーム、ITベンチャー等に入ったとしても、間違いなく「すぐ」には取り掛かれない。
「成長のためだ」と思い込んでも、自分の想いに直結しない仕事を、あなたは頑張り続けることができますか?

そうやって「遠回り」をしている間に、社会問題に苦しむ人々は、もっと苦しんでいく

学生時代に、「社会問題を解決しなければ!」と強く思い、徹底的に行動してきた人が、
遠回りをする間に、解決されるかもしれなかった問題が、そのまま取り残されてしまう。

もし既に、内定を得ているとしても、本当にその会社で働くことが「最速」なのか、
自分に嘘をつかずに真剣に問いかけてみてほしい、と思います。

あなたが「遠回り」することは、「社会にとって大きな損失」なのです。」

社会問題を本当に解決したいと願うなら、本物の近道はどこにあるのでしょうか。

「社会起業家」「ソーシャルビジネス」について考える際の、一助にして頂けたらと思います。

また、ボーダレス・ジャパンでは現在、将来「社会起業家」となる新卒の採用を行っています。
興味のある方はぜひサイトをご覧になって下さいね。

▼新卒採用情報▼
http://www.borderless-japan.com/recruit/fresh2015/

▼コーポレートサイト▼
http://www.borderless-japan.com/

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です