【おしゃれ×チャリティ】ソーシャルグッドなコスメ5選!

【おしゃれ×チャリティ】ソーシャルグッドなコスメ5選!

こんにちは。
今回は、製品の売り上げがさまざまな組織や団体に寄付される「チャリティコスメ」を紹介します。

新しいコスメを探している方や、大切な人への贈り物を考えている方はもちろん、
社会貢献という言葉の響きに二の足を踏んでしまう方も必見です!

7月になってもじめじめした天気が続いていますね。それでは早速いきましょう。

01 HIV/エイズと戦う-M・A・C

IMG_2770


 
世界的メイクアップブランドであるM・A・Cは1994年にM・A・Cエイズ基金を設立。
以後20年にわたり世界中の国や地域のHIV/エイズ団体に寄付しています。
VIVA GLAMのリップスティックを購入すると、その売上の全額がHIV/エイズに苦しんでいる人々のサポートに使われるという仕組みです。
また、毎年シンディ・ローパーやレディーガガといった有名アーティストがスポークスパーソンを務めています。
これまでの寄付額は210億円を超えているというから驚きですね。

02 人に優しく、環境に優しい-LUSH

a0027862_17294214

 

イギリス発、自然派コスメブランドといえばLUSH!
お店に近くまで行くと、甘い香りについつい吸い寄せられる人も多いのでは?
LUSHでは売上の全額が自然環境の保護、人道支援などの資金として使われるボディクリームを販売しています。
その名も“チャリティポット”。
これまでの助成金は2億円を突破し、250を超える団体を支援してきました。
また、使用済み容器を店頭回収しており、リサイクルを推進しています。

 

03 サクラの香りで東北を応援- THE BODY SHOP

52882

THE BODY SHOPは社会問題を意識した活動を行っているコスメブランド。
サクラチャリティプロジェクトでは対象商品の売り上げの一部や店頭募金を寄付金として、東日本大震災の復興支援活動に役立てています。
またこの他にもHIV/エイズの啓発やDV根絶キャンペーンなど様々な社会問題に取り組んでいます。
ホームレス自立支援の雑誌である「THE BIG ISSUE」も、THE BODY SHOP財団のプロジェクトとして始まったこと、みなさん知っていましたか?

 

04 日本の子どもたちに夢を-KIEHL’S

main_img


 
“利益を得るためだけではなく、住民や企業、そして地域社会をよりよくする”
このようなミッションのもとにさまざまな社会貢献活動を行っているのが、自然派コスメブランドKIEHL’S(キールズ)です。
今年は「DREAM FOR CHILDREN」と銘打って「宇宙兄弟」とチャリティコラボレーションを実施。
このチャリティラベル製品の売り上げ純益の全額はひとり親家庭のサポートに使われ、日本の子どもたちの夢実現を後押しします。

05 「きれいな水」を守る-AVEDA

aveda-products-sm

環境保全を企業活動の根幹に据えているコスメブランドのAVEDA。
毎年4月を環境保全月間とし、限定アロマキャンドルの発売や啓もう活動、募金活動などを全世界で実施しています。
このキャンドルの売り上げ全額は、「きれいな水」のために活動しているNPOへ寄付されます。
また、化粧品会社として初めてスキンケア・スタイリング製品に100%再生PETを使用。
そのほかにもユニークな取り組みによって環境保全とビジネス成長を両立させているんです。素敵!

いかがでしたか?お気に入りのコスメとともに、気負わずにチャリティ活動をしてみませんか?

待ち遠しい夏は、もうすぐそこです。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です