SFT2017夏合宿 〜合宿で感じたこれからのSFTと国際協力の在り方

SFT2017夏合宿 〜合宿で感じたこれからのSFTと国際協力の在り方
  • 初めまして!大阪経法大支部2年生の日下部 諒です。

  • 8月22日から25日の3泊4日で、STUDY FOR TWO(以下SFT)の夏合宿に参加してきました!!
    合宿で学んだ事を支部に活かして支部をより良い支部にしようとの思いを胸に参加しました
    今回は私が合宿で感じた「私にとってのSFT」と「私が願っているSFTの今後の理想像」を書かせて頂きたいと思います。

 

合宿って何するの?

1日目
⦅アイスブレイク⦆
初参加の人が多く緊張していたのですが、価値観一致ゲームを通し、自然にコミュニケーションを取ることができました。

 

⦅SFT歴史テストコンテンツ⦆
参加者の皆さんがどれだけSFTについて知っているか抜き打ちでテストを実施しました。

 

⦅すごろくコンテンツ⦆
班ですごろくをしてコマを進めていきながら、回収・販売やビラを作るにあたっての工夫を出し合いました。

 

⦅石橋さんコンテンツ⦆
SFTの創始者である石橋孝太郎さんから参加者の質問に答えて頂いたり、SFTを作ったきっかけなどのお話をして頂きました。

 

⦅支部ムービー⦆
それぞれの支部が事前に支部の動画を作成して、参加者の方に支部の雰囲気を知って頂ける毎年恒例の時間です!面白かったり完成度が高かったり、と支部によって味があります!

 

2日目
⦅ミーティングコンテンツ⦆
どの支部でも必ずやっているミーティングについて、在り方を今一度考えてもらいました。一人一人が責任を持って参加しているという『当事者意識』をもってもらうことを、目的に。

 

⦅国際協力コンテンツ⦆
・貿易ゲーム
班ごとで先進国チーム、途上国チームに分かれ、自国が持つ道具を使って、製品を作り、その製品を世界銀行へ売りにいくという、斬新で面白いゲームをしました。このゲームは大変盛り上がりました!

 

・映画『Poverty.inc』鑑賞
私たちの「支援」がもたらすものは?正しい「支援」の在り方とは?を考えさせられる、映画『Poverty.inc』を観ました。国際協力について今一度考えることができた、良い時間となりました。

 

⦅運動⦆
ジェスチャーゲームとイントロドンをしました。地区対抗で楽しく競い合いました。

 

⦅回収・販売コンテンツ⦆
回収・販売について数字を意識してどう工夫すれば、もっと回収率が良くなるのか、販売の売り上げが上がるのかを考えてもらいました。

 

3日目
⦅引き継ぎコンテンツ⦆
いずれ代変わりする支部ですが、しっかり引き継ぎをすることも、これから支部が長く続けるにおいて重要なので、カレンダー形式のワークシートを用いて、この係はこの月にどの仕事をすべきか、など班で共有しました。

 

⦅事務局コンテンツ⦆
・それぞれのチームからのプレゼン
地区代表、営業チーム、PRチームから、それぞれがどんな仕事をしているか説明がありました。

 

・理念について
SFTの理念を噛み砕いて考えてみたり、理念を達成するにはどう活動していけばよいか、など班で話し合いました。

⦅未来コンテンツ⦆
自分にとっての幸せとは何か?を考えたり、自分のこれからのモチベーションはどうなるか、グラフを実際に作って、班で共有しました。

4日目

⦅まとめコンテンツ⦆
今回の合宿のタイトルは『This is it〜これが真の合宿だ』でした。が、合宿係で裏のタイトルを考えていました。それは『This is STUDY FOR TWO』です。この4日間でやってきたコンテンツを振り返ってみると、1日目は“知る” 2日目は“考える” 3日目は“変わる” 4日目は“伝える”なコンテンツになっていたと思います。この4日間の流れこそSTUDY FOR TWOの活動を表していると思います。

合宿で感じた私にとってのSFT

 私にとってのSFT。それは「今の私そのもの」です。
私は国際学部に所属していて、少なからず国際問題やボランティアには興味がありました。
 そんな中で夏の少し前にSFTを知り、SFTの理念や活動が良いなと思い私の大学には支部がなかったので支部を立ち上げることにしました。

 そして、今回の夏合宿を迎えました。2日目のコンテンツの中の映画「Poverty.inc」を見て支援先の事を知らずに支援することはかえって悪い方向にもたらしたり、意味のない支援になってしまうことがよくわかりました。SFTの支援先である、ラオス、バングラデシュの事をもっともっと勉強して価値のある支援をしようと思いました!

  3日目にはSFTの理念について考えるコンテンツの中で、SFTの理念をどのように達成するか、理念をどう理解するかを考えました。この2つのコンテンツの中で今の私の夢を叶えたいなと強く感じました。それは、「世界のすべての子どもたちが勉強できる世界を実現する」ことです。SFTが協力しているRoom to Read さんのビジョンである

子どもの教育が世界を変える

 

この言葉が私は大好きですし、本当にその通りだと思います

 

今も識字率、紛争や貧困の問題と沢山の問題があります。これらの問題をすべて解決するのにかなりの年月が必要だ思います。今の私たちにできることを精一杯して、これから先の子どもたちへ繋いでいけばいずれ世界を変えられる。

 

と私は思っています。このような大きな夢を見つける事ができたのもSFTがあったからこそですし、そんな夢を叶えられる場所であるSFTで活動できる。SFTに出会うことが出来なかったら、今の私はいません。SFTは本当に「私そのもの」です。

私の夢とSFTの理想像

 そんな私のSFTの理想像は支援先の子どもたちが夢を叶えている状態です。それは私の夢でもあります。

ただ単に支援をして終わりじゃなくてその先も見据えた支援ができるように、子どもたちの将来を叶えられるようになれば私のSFTの理想像の『支援先の子どもたちが夢を叶えている状態』に近づけるのではないかなと思います!

最後に…
今回の合宿の、SFTの理念、今後の自分についてのコンテンツでは、SFTのために自分は何ができるのか、自分は将来どうなりたいのかを考える中で今まで知らなかった自分に出会える機会が合宿にはあるなと思いました!!

また、支部ムービーのコンテンツでは他の支部の活動の様子を見ることが出来て、自身の活動をもっと頑張ろうと励みになりましたし、全国に仲間がいてみんなと一緒に活動出来るのがSFTの良いところだなと合宿で改めて思いました!!

皆さんもSFTで活動して合宿に来てみませんか?この記事を読んでSFTで活動したい!支部を立ち上げたいと思って頂けると幸いですし、支部を立ち上げたい方を私たちは全力でお手伝いします!是非お気軽にお問い合わせください!!

 

 

ありがとうございました!!
大阪経法大支部 2年 日下部 諒

 

LINEで送る
Pocket